システムエネルギー保全研究分野

未到エネルギー研究センター

Innovative Energy Research Center

システムエネルギー保全研究分野

System Energy Maintenance Laboratory

教 授
高木 敏行
Professor
Toshiyuki
Takagi
助 教
小助川 博之
Assistant Professor
Hiroyuki
Kosukegawa

エネルギープラントなどの大規模複雑システムを対象として、センシング技術、材料評価技術等を用いた保全の最適化に関する研究を行います。

1.構造物の非破壊検査およびヘルスモニタリングに関する研究
2.構造材料の非破壊劣化診断法の開発
3.硬質炭素コーティング材料の機能性のメカニズム解明と省エネルギー技術への応用

We investigate the optimization of maintenance methodology using sensing technology, material evaluation technology, etc. for large-scale complicated systems, such as an energy plant.:

1.Development of non-destructive evaluation technique and health monitoring method of structures.
2.Development of the non-destructive evaluation technique of structure material.
3.Understanding of the functionality and application to energy-saving of a hard carbon coating materials.

構造物の非破壊検査およびヘルスモニタリングに関する研究
Development of non-destructive evaluation technique and health monitoring method of structures.
        

エネルギープラントなどの大規模複雑システムを対象として、センシング技術、材料評価技術を用いた保全や省エネルギーに関する研究を行っている。 高い安全性と信頼性が求められる電力発電設備の健全性の向上を目指して、先進的な電磁非破壊評価法の研究やヘルスモニタリングに関して研究開発している。

We investigate about the maintenance and energy saving using sensing and material evaluation technique for large-scale complicated systems, such as an energy plant. We evaluate and monitor the condition of structural components of Electric Power Plants using advanced electromagnetic nondestructive evaluation (ENDE) techniques.

構造材料の非破壊劣化診断法の開発

Development of the non-destructive evaluation technique of structure material

材料の製造時から経年劣化までのライフサイクル評価を目指す。電磁気特性に着目して、構造材料の応力腐食割れやクリープ損傷に至る前の劣化診断法に関する研究を行っている。 また、超音波試験と渦電流試験の相補性に基づいて、電磁超音波-渦電流複合プローブを提案し、流動誘起損傷のモニタリングへの適用を目指している。

We propose lifecycle evaluation of materials from pre-service to aging degradation. Our activities includes nondestructive evaluations of susceptibility to stress corrosion cracking, degradation prior to creep damage. In addition, we propose EMAT-EC dual probe that combines the advantages carried by ultrasonic testing and eddy current testing, aiming at application to monitoring of flow assisted damages.

硬質炭素コーティング材料の機能性のメカニズム解明と省エネルギー技術への応用
Understanding of the functionality and application to energy-saving of a hard carbon coating materials.

省資源と省エネルギーに貢献し,信頼性と耐久性に優れた高性能な機械システムを実現するために、接触面におけるナノ・ミクロレベルの現象を マクロスケールの事象へと展開する研究を行っている。多結晶ダイヤモンド膜やダイヤモンドライクカーボン膜と呼ばれる硬質炭素膜を用いた低摩擦・ 低摩耗性を有する機能性コーティング技術を研究開発し、新しい機械システムを提案している。

Highly efficient mechanical systems are necessary for saving resources and energy. Especially, in order to get the high reliability and durability requested for the high-performance mechanical system, it is necessary to control “contact” with a high degree of accuracy. We are investigating the nano-micro scale “contact” of the carbon based coatings (Diamond and Diamond-like Carbon which have a character of low friction and low wear) from the viewpoint of flow dynamics.

システムエネルギー保全研究分野