混相流動エネルギー研究分野Multiphase Flow Energy Laboratory

教授 石本 淳 教 授 石本 淳
Professor Jun Ishimoto
助 教 落合 直哉
Assistant Professor Naoya Ochiai
当研究分野では、動的高解像度画像計測と分散型コンピューテーションの革新的融合研究に基づく先端流体解析手法の開発・体系化を目指すとともに、次世代エネルギーに直結した新しい混相流体工学応用機器の開発・最適設計ならびに創成を目的とした応用研究を推進しています。特に数値解析の手法としては近年その発展が著しいクラスター型の並列計算による分散型コンピューティング手法を積極的に取り入れ、計測結果の分散型取りこみと並列計算の融合研究により高精度の流体機器設計手法を確立することを目標としています。
Our laboratory mainly focuses on the research and systematization based on the phenomenologically verified computation for the development of advanced multiphase fluid machinery and the optimization of mechanical design in connection with the frontier energy and environmental problems using the transdisciplinary fluid integration method which closely combined with experimental and computational technique. Especially, the cluster type parallel computing method with feed back processing of segmented measurement data is extensively applied to improve the numerical accuracy in transdisciplinary analysis and to improve the design optimization for new-type multiphase fluid applications.

サステナブル異分野融合による混相流動エネルギー循環システムの創成Development of Sustainable Transdisciplinary Integrated Multiphase Frontier Energy System

超並列分散型コンピューテーションと、PIA-PTVハイブリッドナノ画像計測との革新的融合研究に基づく先端流体解析手法の開発・体系化と、次世代エネルギーに直結した新しい循環型混相流体工学応用機器の創成ならびに最適設計への応用研究を推進しています。
Research and systematization based on the phenomenologically verified massively parallel computation is performed for the development of advanced multiphase fluid machinery and the optimization of the mechanical design in connection with the frontier energy.

微細個体窒素粒子ジェット利用型アッシングレス半導体スーパー洗浄システムの開発Development of Ashing-Less Semiconductor Wafer Ultra Cleaning System using Micro-Solid Nitrogen Jet

原子力発電所における配管減肉予測システムの開発に関する研究
(東北電力との共同研究)Development of Pipe Thinning Prediction System in Atomic Power Plant
(Collaboration with Tohoku Electric Power Co. Inc.)

△ページトップへ