現在位置:ホーム > 利用の手引

利用の手引

ご利用にあたって

ご利用の流れ

低乱風洞装置利用申請から実験終了までの流れ

1)利用相談

利用相談は無料で随時受け付けています。実験の概要がわかる「実験計画書[Word]」をご準備ください。どういった実験を行ったらよいか分からない場合には、分かる範囲で構いません。相談を通じてご提案いたします。
必要時、秘密保持契約書2013を取り交わします。 トライアルユース(使用料金無料)もありますので、ご相談ください。
>>実験計画書記入例[PDF]

2)実験前打合せ

利用者と研究支援者との事前相談において「実験可能」と判断された後、模型サイズ・模型取付方法・計測機器の選定・装置運転方法・実験方法等具体的な内容ならびに試験日程について打ち合わせます。

3)事前審査

打合せ内容を反映した「実験計画書」を用いて審査委員会で利用の可否について審議し、利用期間が決定されます。
<定期受付>年2回
  2月(利用期間4月〜9月分)、8月(利用期間10月〜3月分)
<不定期受付>
  随時受け付けています。但し、2日間程度の短期間に限ります。

4)実験準備

利用期間前までに、
@模型(オプションで製作可)、模型設置台座、金具等の準備
A計測項目の確認及び計測プログラムの準備
B高度化計測機器利用の可否(オプション)
Cデータ処理の検討(一部、要別途契約)
などについて確認し、速やかに実験に取りかかれるようにします。

※高度化機器を利用する場合には「高度化機器利用申請書及び実績報告書」の提出をお願いします。

5)事務手続き

概ね利用の1ヶ月前を目安に「設備等使用申請(許可)書」を提出ください。
>>設備利用申請書記入例[PDF]
・有償利用時⇒テクニカルサポートセンターへ提出(下記宛送付)
 送付先
 〒980−8577
 宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1
 東北大学研究推進部研究推進課 研究教育基盤技術センター事務局
 TEL 022-217-5014

・トライアルユース時⇒当施設職員へ提出 (下記宛送付)
(利用者へ使用期間通知)
 送付先
 〒980−8577
 宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1
 東北大学流体科学研究所 共用リエゾン室
 TEL 022-217-5888

6)実験・計測
(データ取得)

実験時間は 原則として 9時〜17時とします。(1日8h)
実験終了後は次の使用者が直ちに使用できるよう後片付けして現状回復してください。

7)実験終了

実験修了後、実験(計測)データをお渡しします。
必要に応じて「使用終了(中止)届」の提出をお願いします。
>>使用終了・中止届け(様式-2)記入例

8)データ処理・考察
(有 償)

【風洞の場合】当施設職員にデータ処理や報告書等の作成を依頼することができますが、別途有償契約が必要です。但し、電話・メール等でのデータ処理のご相談は無料とします。 【衝撃波の場合、対応不可】

9)使用料金支払

本学テクニカルサポートセンターの使用料の内規によるものとします。
(設備使用料は上記テクニカルサポートセンターWEBページにてご確認ください。)
設備使用料はフロー6)の実験の占有時間にて求めた金額に、オプションの高度化機器使用料を加えた合計金額を支払って頂きます。

10)成果報告書

利用終了後「成果報告書(様式-3)」を提出して頂きます。公開・非公開の選択あり。
但し、トライアルユースの場合、公開のみ。特許出願等で公開延期を希望する場合は勘案いたします。
>>成果報告書(様式-3)記入例

 

※メール、電話による利用申請は受け付けておりません。
必ずHPより利用申請書をダウンロードのうえ郵送してください。