研究成果

代表的な研究成果例

事例1 ■航空機用ボルテックスジェネレータの設計最適化

 航空機が乱気流や突風のような外乱に晒されると翼の振動が発生し、機体の安全性や乗り心地に悪影響を与えます。このため、実際に運行されている旅客機の多くには、翼の上面にボルテックスジェネレータと呼ばれる小さな突起物が取り付けられ、振動を抑制しています。本研究では、未来流体情報創造センターのスーパーコンピュータを利用して、現在に至るまでの経験則に基づいていたボルテックスジェネレータの設計を最適化し、振動の抑制に効果的な設計案を探査してきました。図は、ボルテックスジェネレータを取り付けた翼の周りの流れ場を表しており、渦を発生させることによって空気を混合し、翼の振動を抑制しています。一般に、ボルテックスジェネレータの取り付けによって航空機の空気抵抗は大きくなり燃費が悪化することから、最適化では振動の抑制だけでなく、空気抵抗の最小化にも取り組んでいます。さらに、最適化結果から設計に有用な知識の抽出を試み、次世代の航空機設計に貢献しています。

事例2 ■脳動脈瘤用ステント設計と血流解析

 ステント留置術は脳動脈瘤の血管内治療法の一つで、患者に対する負担が少ないことから高く注目され、我が国では2010年から保険適用も始まっています。脳動脈瘤用ステントには、脳動脈瘤への血流流入を阻害する役割があると考えられ、ステントデザインが阻害効果に大きく影響することが分かってきました。図は、最新のフローダイバータステントを留置した時の脳動脈瘤への血流流入の様子を示しています。フローダイバータステントはストラットが非常に細密にできており、これまでの計算用メッシュ生成技術では再構築が困難でした。本研究では、未来流体情報創造センターと密な連携を取りながら、ストラットの再構築を行い、我が国で初めて本ステントの血流解析を行いました。さらに、本センターのリアライゼーションワークスペースを活用してステント留置の最適設計手法の開発に取り組んでいます。 (共同研究:医工学研究科)

事例3 ■重力崩壊型超新星の三次元数値計算

 夜空に突然明るく輝き、数日のうちに暗くなってしまう星、重力崩壊型超新星は、太陽の8倍以上の質量を持つ恒星が一生の最期に起こす大爆発です。元素の起源に関わる重要な現象であるにもかかわらず、その爆発メカニズムは、まだ完全に解明されていません。本研究では、流体科学研究所のスーパーコンピュータを利用して、爆発する直前に星の中心部で発生した球状の衝撃波が、どのように外側へ向かって進行していくのかを調べています。図は、星の中心部で衝撃波が発生してから数百ミリ秒後の結果です。中心部の白い領域は、中性子と陽子でできた半径50 km程度の巨大な原子核のような物体です。その周りのカラーの部分は流体のエントロピーの大きさを示し、最も外側にある白い半透明の等値面が衝撃波を表しています。計算領域は半径50kmから2,000kmの位置までで、図の衝撃波は中心から約400kmの位置に到達したところです。この衝撃波が中心から約数十億km以上離れた位置にある星の表面に達すると、星は光り輝いて爆発します。(共同研究:工学研究科)

研究テーマ一覧

1999年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
渦と渦の衝突による音の発生と伝播 1999年11月 2000年9月
単純流体中の分子間エネルギー・運動伝播特性 1999年11月 2000年3月
固体粒子と衝撃波の干渉 1999年11月 2000年3月
複雑な気液二相流れの非定常高速流動現象の解明に関する数値的研究 1999年11月 2000年9月
磁化プラズマの高次元モデリング 1999年11月 2000年9月
CO2希釈燃焼 1999年11月 2000年3月
プラズマトーチによる超音速燃焼の三次元数値解析 1999年11月 2000年9月
微粒子・皮膜プラズマプロセスのシミュレーション 1999年11月 2000年10月
磁気マイクロマシンの駆動特性解析 1999年11月 2000年4月
非定常圧縮性乱流場のLarge Eddy Simulation 1999年12月 2000年5月

2000年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
流体抵抗低減を目指した境界層制御用インテリジェントシステムの開発 2000年1月 2000年3月
電磁現象を用いた非破壊評価に関するシミュレーション 2000年2月 2000年10月
分子動力学によるルシフェラーゼの構造変化の研究 2000年2月 2000年7月
C+60の新性質 2000年2月 2000年5月
流れの剥離に関する計算科学 2000年4月 2001年3月
Multiband Calculation of Strongly Radiating Flowfield on Parallel Computers 2000年5月 2001年4月
衝撃波を伴う複雑乱流場のLarge Eddy Simulationに関する研究 2000年6月 2000年9月
非圧縮性乱流用数値計算法の開発と円柱まわりの流れへの適用 2000年6月 2001年5月
進化的計算法の並列処理に関する研究 2000年6月 2000年11月
磁気マイクロマシンの駆動特性解析(2) 2000年6月 2001年5月
SMAの座屈特性を利用した衝撃波吸収フレームに関する研究 2000年7月 2001年6月
Optical Characterization of Hypersonic Particles Using Mie Scattering Theory 2000年9月 2001年2月
圧縮性気液二相乱流のLES 2000年10月 2001年9月
エオルス音発生機構の解明と制御 2000年10月 2002年9月
気液二相流れ場における複雑流動現象の解明に関する数値的研究 2000年10月 2001年9月
プロセスプラズマにおける電子、イオン、ラジカルの微視状態の研究 2000年10月 2002年9月
超音速流における、プラズマトーチによる水素燃焼の数値解析 2000年10月 2001年9月
分散系燃料の燃焼ダイナミクス 2000年10月 2001年10月
空力弾性問題の数値的研究 2000年12月 2001年11月
進化的計算法による新しい超音速機平面形の研究 2000年12月 2001年11月
不均一核生成を仮定した非平衡凝縮初生メカニズムの解明 2000年12月 2001年11月

2001年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
進化的アルゴリズムによる流体機械最適化の研究 2001年1月 2001年12月
非構造格子法を用いた二次元CFDコードの並列化ベンチマーク 2001年1月 2001年3月
電磁現象を応用した非破壊材料診断のためのシミュレーション 2001年1月 2001年12月
ヘモグロビンニよる酸素大量取り込み機構の分子動力学的研究 2001年1月 2001年6月
アークプラズマ流の外部磁場効果とトーチ形状の最適化 2001年1月 2001年12月
超音速燃焼における二段燃焼ストラットの数値計算 2001年2月 2002年1月
非定常高エンタルピー流れに関する研究 2001年3月 2001年8月
スマートスキンを用いた層流境界層の能動制御に関するシミュレーション 2001年4月 2002年3月
高速移動物体周りの流れに関する計算科学 2001年4月 2002年3月
フロロカーボンプラズマの最適設計 2001年4月 2002年6月
二段式宇宙輸送システムの空力最適化 2001年5月 2002年3月
輻射流れ場の並列計算手法の最適化 2001年5月 2001年10月
血管分岐部流れの流体力学的安定性に関する数値解析 2001年5月 2002年3月
三次元非圧縮性乱流コードの開発とその応用 2001年6月 2002年5月
DNA解析のためのラチェット式電気泳動マイクロチップの開発 2001年6月 2001年8月
水中衝撃波の伝播に関する数値計算 2001年6月 2001年8月
輸送機器まわりの流れ場のフィードバック制御に関する研究 2001年6月 2001年8月
磁気マイクロマシンの3次元流動解析 2001年6月 2002年5月
翼まわりの境界層剥離による騒音発生メカニズムの解明に関する研究 2001年8月 2002年7月
LESによるMHD乱流解析 2001年8月 2002年1月
気液相分離過程の解析 2001年8月 2002年7月
気泡核生成の分子動力学的解析 2001年8月 2002年1月
保全最適化のための仮想システムの構築 2001年9月 2002年2月
ソフトコンピューティングによる電磁非破壊評価シミュレーション 2001年9月 2002年9月
固体表面上における薄液膜の運動量・エネルギー伝搬特性 2001年9月 2002年3月
流力振動を伴うターボ機械流れ場のfluid-structure干渉に関する研究 2001年9月 2002年8月
超音速スーパーキャビテーション流れにおける水中飛翔物体の抵抗減少に関する数値的研究 2001年10月 2002年9月
ガリレオ探査衛星突入時の極超音速輻射流れ場の数値解析 2001年10月 2002年9月
相変化を考慮したキャビテーション流れの数値解法とその応用に関する研究 2001年10月 2002年9月
数値解析による、プラズマトーチを用いた超音速流中での着火・保炎の現象解明 2001年10月 2002年8月
火山噴火時に発生する衝撃波の数値シミュレーション 2001年11月 2002年9月
超音速機設計におけるエンジンインテグレーションの研究 2001年12月 2002年3月
過冷却液体のダイナミクスおよびガラス転移(平衡系) 2001年12月 2002年11月
コロイド分散系におけるガラス転移点近傍での計算機実験 2001年12月 2002年11月
プレート式蒸発器の液膜冷却現象の解明 2001年12月 2002年5月
実験風洞と数値解析を統合したハイブリッド風洞に関する基礎的研究 2001年12月 2002年11月

2002年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
進化的アルゴリズムによる流体機械の複合分野最適化の研究 2002年1月 2002年3月
マルチブロック法による突風応答シミュレーション 2002年1月 2002年3月
イクスパンション管非定常流れ場の数値シミュレーション 2002年1月 2002年5月
ラム加速機熱閉塞作動の数値シミュレーション 2002年1月 2002年5月
金属構造材料の電磁非破壊材料評価のためのシミュレーション法の開発 2002年1月 2002年12月
微粒子高周波誘導プラズマ流の高機能化シミュレーション 2002年1月 2002年12月
高超音速粘性流れの数値模擬 2002年2月 2002年7月
セラミック溶射プロセスの最適化に関する仮想実験 2002年3月 2002年8月
CFDによる音速域航空機の空力的最適形状設計の研究 2002年4月 2003年3月
EDGE( Evolutionary Design Group in Engineering) 2002年4月 2004年3月
空力浮上形輸送システム開発に向けた空力解析 2002年4月 2003年3月
水素燃料の垂直噴射場における燃焼解析 2002年4月 2002年9月
固有不安定性による予混合火災の不安定挙動 2002年5月 2003年3月
分散系燃料の燃え拡がりメカニズムの解明 2002年5月 2002年10月
三次元円柱まわりの流れの数値解析 2002年6月 2003年5月
高度浄水処理におけるオゾン反応特性に関する研究 2002年6月 2002年11月
磁気マイクロマシン近傍の流れ場の3次元計算 2002年6月 2003年5月
Spriteの研究 2002年7月 2003年6月
環境適合性を考慮した自動車エンジン最適化の研究 2002年8月 2003年1月
進化的アルゴリズムによる流体機械の複合分野最適化の研究 2002年8月 2003年1月
固体微粒子浮遊気体中を伝播する衝撃波の反射 2002年8月 2003年1月
知能・機能性流体の基礎流動特性と工学的応用に関する研究 2002年8月 2003年1月
ふく射性媒体のエネルギー伝播と大規模伝熱現象の研究 2002年8月 2003年1月
大規模並列化メタ戦略によるECT信号からの模擬自然欠陥再構成 2002年9月 2003年8月
銅配線用誘導結合プラズマ反応器の開発 2002年9月 2003年3月
熱塩永久泉の原理を用いた海洋における人工湧昇に関する研究 2002年9月 2003年2月
気液界面流動に関する数値解法の研究 2002年10月 2003年3月
有限枚数翼列内部に発生するキャビテーション不安定現象の解明 2002年10月 2003年3月
騒音発生機構の解明と制御 2002年10月 2004年9月
DNA選別マイクロチップ内の分子運動解析とチップ設計 2002年10月 2003年3月
アブレーション生成気体を考慮した超高エンタルピー流の数値シミュレーション 2002年10月 2003年9月
曲がり管内流れにおけるDean渦の不安定性に関する研究 2002年10月 2003年9月
塩素イオンチャンネルの分子構造 2002年10月 2003年3月
汎用圧縮性流体プログラムの解析機能検証 2002年10月 2003年9月
磁性流体におけるガラス転移現象の研究 2002年10月 2003年3月
非平衡過冷却液体の空間構造のダイナミクスおよびガラス転移 2002年10月 2003年3月
プロセスプラズマの粒子モデル解析 2002年10月 2004年9月
高次のシンプレクティック数値解法を用いた分子動力学法による液体アルゴン中の衝撃波伝播に関する研究 2002年11月 2003年4月
3次元でのハイブリッド風洞に関する基礎的研究 2002年11月 2003年3月
コロイドガラス転移近傍における平衡密度揺らぎの数値計算 2002年12月 2003年5月
剛体球系における固液相転移現象の計算機実験 2002年12月 2003年5月
荷電コロイド分散系の計算機実験 2002年12月 2003年5月

2003年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
高経年構造材料の応力特性診断のためのシミュレーション 2003年1月 2003年6月
進化的アルゴリズムによる圧縮機の複合分野詳細設計 2003年2月 2003年8月
微小気泡の表面張力に関する研究 2003年2月 2003年7月
蒸発凝縮を伴うキャビテーション乱流の数値計算法の研究 2003年4月 2004年3月
自動車エンジン吸排気形状最適化の研究 2003年4月 2003年9月
潤滑液膜の分子熱流体工学的研究 2003年4月 2004年3月
強干渉流動場における流れの数値解析 2003年4月 2003年9月
火炎の不安定挙動に及ぼす領域長さの効果 2003年4月 2004年3月
コロイド分散系でのガラス転移 2003年4月 2005年3月
ガス遮断器の熱ガス流動冷却プロセスの仮想実験 2003年4月 2004年3月
キャビテーション数値解析手法の極低温流体への適用 2003年5月 2004年4月
有限長円柱まわりの流れの数値シミュレーション 2003年5月 2004年4月
CFDによる音速域における航空機航行の空力的研究 2003年5月 2003年10月
浴槽設計と解析に関する研究 2003年5月 2003年7月
高周波誘導プラズマ流によるナノ粒子創製の仮想実験 2003年6月 2003年11月
小型化した磁気マイクロマシンの3次元解析 2003年6月 2004年5月
高層大気圏における大規模放電の理論的研究 2003年7月 2004年6月
粒子モデルによる一電極二周波励起容量結合プラズマの解析 2003年8月 2004年1月
非平衡輻射を考慮した木星大気圏突入時の数値シミュレーション 2003年10月 2004年3月
マイクロ流路内の気液二相流れの流動に関する数値的研究 2003年10月 2004年3月
リモートフィールド渦電流探傷法の数値シミュレーション 2003年11月 2004年4月
微視的構造変化検出のための動的磁化過程シミュレーション 2003年11月 2004年10月
流れ場のフィードバック制御による大型車両の空力抵抗低減に関する研究 2003年11月 2004年4月
流体と構造の多目的最適化法の開発 2003年12月 2004年3月
火山爆発時に伴う光環現象の数値シミュレーション 2003年12月 2004年3月
直角分岐管内の流体力学的安定性に関する研究 2003年12月 2004年5月

2004年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
3D複雑流路内における粘弾性流体の流動ダイナミクス解析 2004年2月 2005年1月
空気・水・蒸気系の気液二相乱流の数値解析手法 2004年4月 2005年3月
modeFRONTIERによるロバスト設計法の構築 2004年4月 2004年9月
MODE-TR(Multi-Objective Design Exploration based on Transdisciplinary Research) 2004年4月 2006年3月
固体壁近傍の水の熱・運動量伝搬特性 2004年4月 2005年3月
乱流予混合火災の動的挙動に及ぼす固有不安定の影響 2004年4月 2005年3月
大気圏突入条件における三次元輻射輸送/流動場の結合数値解析 2004年4月 2005年3月
非圧縮性三次元物体まわりの流れの数値計算 2004年5月 2005年4月
二段翼列まわりに発生する非定常キャビテーション流れの数値解析 2004年6月 2005年5月
進化的手法によるブレード形状の多目的最適化 2004年6月 2004年11月
編隊飛行による超音速飛行の効率向上と衝撃波騒音の低減 2004年6月 2004年11月
磁気マイクロマシンの3次元泳動特性解析による形状最適化 2004年6月 2005年5月
超音波計測融合シミュレーションの研究 2004年6月 2005年5月
流体騒音発生機構の数値的研究 2004年10月 2005年9月
ボルツマン方程式によるプラズマ解析 2004年10月 2005年9月
ナノスケール磁性体の動的磁化過程シミュレーション 2004年11月 2005年4月
大電流遮断時のガス遮断器内複雑熱流道場の過渡応答 2004年11月 2005年3月

2005年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
広域密度、速度を有する多相流の解析に適した高精度数値解法の開発に関する研究 2005年2月 2005年9月
超音波計測融合シミュレーションによる血流構造の解析 2005年2月 2006年1月
正方形管路内乱流の計測融合シミュレーション 2005年2月 2006年1月
LES/RANSハイブリッド乱流モデルと5次精度コンパクトスキームを用いた気液混相流の数値解析 2005年4月 2005年9月
進化的手法によるカナード形状の多目的最適化 2005年4月 2005年9月
固液界面のマクロな輸送特性を決定する分子スケールメカニズム 2005年4月 2005年9月
物体表面の粗さによる抵抗軽減メカニズム解明に関する研究 2005年4月 2005年9月
乱れ場を伝播する予混合火炎の燃焼速度に及ぼす領域長さと固有不安定性の複合効果 2005年4月 2005年9月
複雑流体におけるガラス転移現象の解明 2005年4月 2006年3月
非圧縮性三次元円柱後流のトポロジー 2005年5月 2005年10月
翼列多段化によるキャビテーション不安定現象の抑制効果に関する数値的研究 2005年6月 2005年10月
磁気マイクロマシンを用いたマイクロポンプの流量・圧力特性解析 2005年6月 2005年11月
超音波計測融合シミュレーションによる腫瘍血管構造の解明と非侵襲組織標的性分子導入法への応用 2005年8月 2006年1月
ターボポンプ内部に発生する各種キャビテーション現象に関する数値的研究 2005年11月 2007年10月
非圧縮性三次元円柱後流のトポロジー 2005年11月 2007年10月
流体騒音発生機構の解明と制御 2005年11月 2009年3月
応力腐食割れ素過程観測の逆問題解析 2005年11月 2006年4月
液膜及び固液界面のマクロな輸送特性を決定する分子スケールメカニズム 2005年11月 2007年10月
非一様場を伝播する予混合火炎のダイナミクス:乱れと固有不安定性の複合効果 2005年11月 2007年10月
木星大気圏突入時の非平衡流シミュレーション 2005年11月 2006年1月
低温プラズマの電磁場連成解析 2005年11月 2006年3月
超音波計測と数値解析を融合した血流構造の解析 2005年11月 2007年10月
ハイブリッド風洞による非定常流れ現象の再現 2005年11月 2007年10月
超音波計測融合血流シミュレーションシステムの開発 2005年11月 2007年10月
正方形管路内乱流の計測融合シミュレーション 2005年11月 2007年10月
プラズマの粒子シミュレーションと粒子衝突素過程モデルの構築 2005年11月 2007年10月
電気的負性ガスSF6によるプラズマ解析 2005年12月 2006年3月
複雑気液二相流動場の非定常解析 2005年12月 2007年11月
推力向上を目的とした磁気マイクロマシンの3次元泳動特性解析 2005年12月 2006年3月

2006年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
大規模計算機実験による複雑流体におけるガラス転移現象の解明 2006年4月 2009年3月
MODE-CD(Multi-Objective Design Exploration based on Cyclic Discovery) 2006年4月 2009年3月
ゴルフボールの空力係数におけるディンプル形状の効果の解明 2006年5月 2006年10月
微小放電部内のマイクロ・ナノ粒子流動シミュレーション 2006年5月 2007年3月
直交格子CFDによる大規模並列計算法の研究 2006年6月 2007年3月
大規模複雑系におけるふく射伝熱現象に関する研究 2006年6月 2007年3月
数値タービンの超並列計算と三次元動画の作成 2006年7月 2007年3月
壁面噴射場と斜め衝撃波の干渉現象に関する数値解析 2006年8月 2007年3月
脈診の数値シミュレーション 2006年8月 2008年7月
動脈疾患の病因究明のための血流の大規模シミュレーション 2006年8月 2008年7月
波の干渉を利用した複葉サイレント超音速機の研究 2006年9月 2008年3月
歪みを含んだ磁性体の角度分解動的磁化過程シミュレーション 2006年9月 2007年2月
High Fidelity Simulation and Design of Complex Aricraft Geometries on Large Scale?Computing Environment 2006年10月 2008年9月
応力腐食割れ素過程観測の逆問題解析 2006年11月 2007年4月
固体薄膜の熱伝導に関する分子動力学シミュレーション 2006年11月 2007年10月
液体微粒化メカニズムの一体型融合シミュレーション 2006年12月 2008年11月
画像における不連続性に対する視覚注意の仕組みに関する研究 2006年12月 2008年5月

2007年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
高機能高分子表面における熱物質輸送特性に関する分子論的研究 2007年2月 2009年1月
DNSによる乱流境界層に及ぼす一様流の乱れの影響と温度成層効果の解明 2007年2月 2009年1月
斜め衝撃波と干渉する壁面噴射場の滞在時間に関する数値解析 2007年5月 2007年5月
航空宇宙分野における高次精度計算手法を用いた高Re数流れの乱流解析 2007年5月 2009年4月
非平衡超音速流における輻射流体現象の数値的研究 2007年5月 2009年4月
斜め衝撃波と干渉する壁面噴射場の滞在時間に関する数値解析 2007年6月 2008年3月
磁気クラスターにおける転位と磁壁の動的相互作用シミュレーション 2007年6月 2008年5月
燃料電池固体高分子膜の劣化に関する量子・分子動力学的検討 2007年6月 2009年5月
直交格子CFDの工学的実用化のための研究 2007年6月 2009年5月
極低温スラッシュの混相流動特性に関する融合計算 2007年7月 2009年6月
医療現場における数値流体解析の活用に関する研究 2007年7月 2008年3月
蒸気タービン翼列の多目的最適化 2007年9月 2009年3月
Separation Bubble Effect on the Flow Field around a Blunt Body near the Ground 2007年9月 2009年3月
液体ロケットターボポンプに発生するキャビテーション現象の諸問題 2007年11月 2009年10月
非圧縮性三次元柱状物体後流の数値解析 2007年11月 2009年3月
Computational aeroacoustic study of airframe components in landing condition 2007年11月 2008年3月
ヘテロ系における熱伝導の分子動力学機構 2007年11月 2009年10月
分子膜の輸送特性に関する分子動力学解析 2007年11月 2009年10月
予混合火炎のダイナミクスに及ぼす放射の影響:固有不安定性と放射の複合効果 2007年11月 2009年10月
超音波計測融合血流シミュレーションの研究 2007年11月 2009年10月
乱流場の計測融合シミュレーションの研究 2007年11月 2009年10月
高クヌッセン数流れの数値解析 2007年11月 2009年10月
高圧・高速下の気液二相流体システムの安全性評価解析技術の開発 2007年12月 2009年11月
超高速化量子分子動力学法によるメカノケミカルシミュレーション 2007年12月 2009年3月
流体‐構造連成解析による生体内現象の解析 2007年12月 2009年11月

2008年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
発電プラントにおける配管減肉現象を支配する流動要素の解明 2008年1月 2008年3月
ダウンスケーリングによる気象予測の研究 2008年4月 2010年3月
斜め衝撃波と干渉する壁面噴射場の混合促進効果に関する数値解析 2008年4月 2010年3月
Numerical simulations of stability of the natural convection flow 2008年4月 2009年3月
CFDによる未来型サイレント超音速機旅客機の研究 2008年5月 2010年3月
MISORA最適設計 2008年5月 2010年10月
血流のリアルタイム解析のための超音波計測融合シミュレーションシステムの開発 2008年5月 2010年4月
燃料電池白金触媒表面の水素解離確率に関する研究 2008年6月 2009年5月
磁気ナノクラスターにおけるMC法とLLG法のハイブリッドシミュレーション 2008年7月 2008年12月
数値流体力学解析の医療現場および医療機器への活用に関する研究 2008年8月 2010年3月
循環器系疾患の病因究明のための計算バイオメカニクス 2008年8月 2010年7月
発電プラントにおける配管減肉現象に関する流動解析 2008年9月 2009年2月
ふく射・乱流複合熱輸送シミュレーションモデルの開発 2008年10月 2010年9月
極低温スラッシュ流体中の伝熱機構に関する数値解析 2008年11月 2010年3月
3次元ナノ構造作製のためのプラズマエッチング形状予測シミュレーション技術の開発 2008年12月 2010年3月

2009年開始

研究テーマ 開始年月 終了年月
マイクロスラッシュ利用型超高熱流束熱伝達に関する融合計算 2009年1月 2010年10月
劣化により析出した磁性層の磁化過程シミュレーション 2009年1月 2010年3月
SAM修飾界面における輸送特性に関する分子論的研究 2009年2月 2010年3月
直接数値計算による中立・安定・不安定境界層乱流の構造に及ぼす境界層外乱れの影響の解明 2009年2月 2009年3月
Measurement-Integrated Airport-Area Simulation for Wake Turbulence 2009年4月 2010年3月
バルク金属ガラスおよびガラス形成物質のガラス転移近傍でのスローダイナミクスの解明 2009年4月 2010年10月
直接数値計算による中立・安定・不安定境界層乱流の構造に及ぼす境界層外乱れの影響の解明 2009年4月 2010年3月
多分野融合数値シミュレーションによる知識イノベーション 2009年4月 2010年9月
極超音速流における非平衡輻射流れ場に関する数値的研究 2009年5月 2010年3月
高次精度数値流体解析法を援用した風洞試験模型変形効果分離手法に関する研究 2009年5月 2010年3月
渦構造の非線形ダイナミクスの直接数値シミュレーション研究 2009年5月 2010年10月
乱流を伴ったマルチスケール・マルチステージシナリオに対する異分野融合予測科学の探究 2009年5月 2010年10月
Automobile Aerodynamic Optimization 2009年6月 2010年10月
燃料電池白金触媒表面の水素・酸素解離挙動に関する研究 2009年6月 2010年10月
燃料電池高分子電解質膜内部のプロトン輸送挙動の解析 2009年6月 2010年10月
Kinetic Force Method for Two-/Three-Dimensional Numerical Modeling Relaxation of?Rarefied Gas flows 2009年6月 2010年3月
Building-Cube法による大規模並列計算法に関する研究 2009年7月 2010年10月
ナノスケール空間内の水の物性・輸送特性に関する分子論的解析 2009年8月 2010年10月
大規模環境におけるエネルギー移動評価とその解析 2009年9月 2010年3月
キャビテーション不安定現象に及ぼす液体ロケットフライト時の加速度の影響 2009年11月 2010年10月
流体膜の分子スケール構造と輸送特性 2009年11月 2010年10月
不均質系における非平衡エネルギー状態とその伝搬特性 2009年11月 2010年10月
超高速化量子分子動力学法による大規模シミュレーション 2009年11月 2010年3月
高クヌッセン数流れにおいて現れる諸現象の解明 2009年11月 2010年10月
高圧・高速下の気液二相流体システムの安全性評価解析技術の開発 2009年12月 2010年10月
高温予混合火炎の不安定性:エンタルピー一定条件下における未燃ガス温度の影響 2009年12月 2010年10月
心臓血管系の流体構造連成解析 2009年12月 2010年10月