未到エネルギー研究センター

システムエネルギー保全研究分野

  • (兼)教授内一 哲哉

  • 准教授三木 寛之

本研究室では材料の機能性を高めることによって,システムとしての信頼性と安定性を向上させる研究を進めています。材料プロセスの省エネルギー化やセンシング技術,材料評価技術等を用いた省エネルギーかつ高効率な機械システムの実現を目指しています。
具体的には、①動的な界面の制御技術を用いた高性能・多機能材料の創成、②中低温塑性プロセスによる高機能材料成形技術の開発、③センサ・アクチュエータの高度化のための電磁機能性材料の開発④ナノクラスタ金属を分散した機能性薄膜材料の開発⑤電磁センシングによる水素脆性メカニズムの解明に関する研究を行っています。

圧縮せん断プロセスによる高性能・高機能材料の創成

塑性変形によって金属粉やワイヤ材を常温で固化成形する圧縮せん断法を用いて、微細な結晶粒を持つ高強度材料開発する

中低温塑性プロセスによる高機能材料成形技術の開発

室温~200℃の温間領域で圧縮せん断法を行い、合金や化合物を原材料から直接固化成形する手法を開発する

センサ・アクチュエータの高度化のための電磁機能性材料の開発

物理・化学的な手法を用いて強度や電磁機能性に優れた材料や、それらを用いた複合材料を開発する

電磁センシングによる水素脆性メカニズムの解明

水素チャージしたオーステナイト系ステンレス鋼疲労試験片を対象とし,渦電流試験を用いた相分析により水素脆性メカニズムを明らかにする.