活動内容の概要

近年,設計要求の多様化から複雑現象の解明が求められ,実験計測および数値計算技術に含まれる不確実性への対処が
求められるようになってきた.不確実性低減の取り組みとして,両技術を融合するデータ同化法には大きな可能性が期待できる.
しかしながら,データ同化法は気象海洋分野での活用の歴史が長く,工学分野の主要目的である"設計"にデータ同化法を
用いるためのノウハウは全くといっていいほど存在しない.本研究会では企業が設計においてデータ同化法を利用するのに必要な
「手順・知識」を構築することを目的とする.そのために,研究会では企業側の参加を募り,ニーズのより正確な把握を試みる.
必要とあれば新たな手法の開発も行い,また,データ同化法の新たな適用先の掘り起こしを行う.


主査

幹事