トップページ > センターについて

センターについて航空機計算科学センターとは

センター長挨拶

大林茂センター長

  世界の民間航空機市場は今後20年間で2倍に拡大することが予想される中、我が国は国内産業の10倍の成長を目標にしています。これを達成する鍵となる技術こそが、材料から完成機までを見通すことができる、計算科学に基づくシミュレーションです。当センターは、産学官の国際連携のもと、航空機に関連する計算科学の研究・教育・蓄積を行い、我が国の航空宇宙分野の発展に寄与して参ります。

平成29年4月    航空機計算科学センター長  大林 茂
ページトップへ戻る

センター概要

名 称 国立大学法人東北大学 流体科学研究所 航空機計算科学センター
センター長 大林 茂
東北大学流体科学研究所 教授
副センター長 岡部 朋永
東北大学大学院工学研究科・工学部 教授
小宮 敦樹
東北大学流体科学研究所 教授
設置目的 東北大学内外の組織、研究教育機関、企業との連携のもとに、国際的に優れた産学官の研究者を結集して、航空機製造と航空輸送に関連する計算科学の成果を蓄積し、人材育成および国内産業振興の学術的支援を目的とする。
センター 運営 〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学 流体科学研究所
電話番号 022-217-5724  (担当:半澤)
メールアドレス acs-info(at)grp.tohoku.ac.jp  (担当:半澤)
※ (at) は @ に置き換えて下さい.
ページトップへ戻る

センターメンバー

member
ページトップへ戻る

センター沿革

ページトップへ戻る

アクセス


流体科学研究所

ページトップへ戻る
Copyright(C) 航空機計算科学センター All Rights Reserved.