知能流体制御システム研究分野

流動創成研究部門

Creative Flow Research Division

知能流体制御システム研究分野

Intelligent Fluid Control Systems Laboratory

(兼)教授
大林 茂
Concurrent Professor
Shigeru
Obayashi

知能流体制御システム研究分野では、「電磁レオロジー流体」などの高度な機能性を発揮する流体(スマート流体)・ソフトマテリアル、流れの制御、そして知的制御及び情報科学に関する基礎科学的研究を基盤として、これらを三位一体として融合・活用した耐環境性、省エネルギー、安心・安全などの面で優れた「次世代知的流体制御デバイスやシステム」の創成を目指して研究開発を推進しています。このことにより、車両、生産、エネルギー、建築、福祉・介護分野などへ貢献します。

In intelligent fluid control systems laboratory, based on the trinity of fundamental scientific researches on smart fluids and soft materials with higher functionality such as electro-/magneto-rheological fluids and composites, fluid flow controls, and intelligent control & informatics, the next-generation intelligent fluid control devices and systems featuring environment-friendly, energy saving, high reliability, and relief & safety are being invented and developed in various application fields such as vehicle, manufacture, energy, architecture, and welfare & nursing care.

スマート流体・ソフト技術創製・評価とそれを活用した先進スマートマシンの創成
Preparation and Evaluation of Smart Fluid and Soft Materials, and Development of Advanced Smart Machines utilizing Them

ER技術を活用したMicro-Fluid Power System(MFPS)の構築を目指し、ナノ粒子ER技術流体マイクロアクチュエータによる点字表示システムを開発しています。また、MR流体については、その評価装置である地場印加型レオメータを実用化・製品化するとともに、信頼性の高い可変減衰特性を有するパッシブ式MRダンパ、コンパクトMRブレーキ制御義足、アクティブMR負荷器を活用したリハビリ両筋力評価訓練システムなどを研究開発しています。さらに新たなスマート材料と福祉・介護や建築分野への貢献を目指しています。

流体と関連して発生する振動・騒音の解明とアクティブ制御
Mechanism Clarification and Active Control of Flow-Induced Vibration and Noise
知能流体制御システム研究分野