画像0 画像1 りゅうたん 画像2 画像3

東北大学 流体科学研究所 航空宇宙流体工学研究分
大林・焼野研究室/下山研究室へようこそ!

ABOUT US

我々の研究室では,流体計測,流体計算,およびそれらの融合手法により,航空宇宙システムの革新,安全,ものづくりに貢献する研究を行っています。

  • 革新的ものづくりのための研究ー数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、多目的設計探査(Multi-Objective Design Exploration)と不確かさの定量的評価(Uncertainty Quantification)
  • 革新的工学設計に活かすデータ同化(Data Assimilation)の研究
  • 革新的航空宇宙機を目指した次世代空力実験法の研究ー磁力支持天秤(Magnetic Suspension and Balance System)と弾道飛行装置(Ballistic Range)

TOPIX

 2018-07-04 NTT DATA ENGINEERING SYSTEMS 社長インタビュー(「人とシステム」)
        に流体研が取り上げられました。

 2018-07-04 ホームページをリニューアルしました。

 2018-01-04 ハイライト更新。

 2018-01-01 りゅーたん産みの親から研究室宛に年賀葉書が届きました。りゅーたん年賀

 2017-10-01 焼野 藍子 助教 が着任しました。

 2017-04-20 東北大学 英語版HP
        Tohoku University Research Feature Highlights に
        "Aiming high: Shigeru Obayashi is innovating human flight"
        が掲載されました。

 2017-02-21 日経テクノロジーonlineに下記記事が掲載されました。
        ビッグデータ時代の設計手法
        多目的設計探査(MODE)の考え方 ―飛行機から家電まで―
        (記事全文閲覧には無料登録が必要です。)

▲ページトップに戻る