画像0 画像1 りゅうたん 画像2 画像3

東北大学 流体科学研究所 航空宇宙流体工学研究分野 
大林・焼野研究室へようこそ!


ABOUT US

我々の研究室では,流体計測,流体計算,およびそれらの融合手法により,航空宇宙システムの革新,安全,ものづくりに貢献する研究を行っています。

  • 革新的ものづくりのための研究ー数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、多目的設計探査(Multi-Objective Design Exploration)と不確かさの定量的評価(Uncertainty Quantification)
  • 革新的工学設計に活かすデータ同化(Data Assimilation)の研究
  • 革新的航空宇宙機を目指した次世代空力実験法の研究ー磁力支持天秤(Magnetic Suspension and Balance System)と弾道飛行装置(Ballistic Range)


流体科学は、体内や身の回りの流れを明らかにすることで、感染症が広がるメカニズムの解明に役立ちます。我々の研究室でも、流体の実験とシミュレーション、さらにそれらを繋ぐデータ同化技術で、感染症対策に役立つ研究を行いたいと思います。
また、2020年の世界航空旅客数は60%の減少となり、新型コロナウィルスは航空宇宙分野にも大きな影響を与えています。ポストコロナ時代の航空業界再建にも貢献したいと思います。

NEWS&TOPICS

 2021-04-02 大林茂教授に「東北大学リサーチプロフェッサー」の称号が付与されました。
        (令和3年4月1日〜令和5年3月31日まで)         
 2021-03-15 2021年01月13日に教科書「データ同化流体科学―流動現象のデジタルツイン
        ―」(大林 茂・三坂 孝志・加藤 博司・菊地 亮太著)が共立出版より出版されまし
        た。詳細については出版社サイトよりご確認ください。
 2021-01-29 RMS可視化の体験ができるようになりました。

 2020-12-24 ハイライトを更新しました。

 2020-11-20 大阪大学MMDSモデリング部門主催「工学と数学の接点を求めて」設計工学・制         御工学セッションにて、焼野藍子助教が講演を行います。
 2020-10-15 2020年度武蔵野大学数理工学シンポジウムにて、大林茂教授が講演を行います。         詳細はこちら

 2020-10-05 大林茂教授に「東北大学リサーチプロフェッサー」の称号が付与されました。
        (令和2年10月1日〜令和3年3月31日まで)         
 2020-05-28 下記論文が受理されました。
         Influence of small wavy roughness on flat plate boundary layer
        natural transition, H. Tameike, A. Yakeno and S. Obayashi,
        Journal of Fluid Science and Technology (JFST)


 2020-03-02 M2の吉村僚一君が日本学術振興会特別研究員(DC1)に内定しました。

 2020-01-06 ハイライトを更新しました。

 2019-12-23 第33回数値流体力学シンポジウムにてM2の岩渕秀君が口頭発表を行い,日本流体
        力学会学会誌「ながれ」の「注目研究 in CFD33」に選ばれました。
 2019-11-07 Sixteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD), Sendai,
        Miyagi 2019 にてD3のPotsawat Boonjaipetch君とM2の溜池啓輝君 がポス
        ター発表を行い「Best Presentation Award」を受賞しました。

 2019-10-25 日本機械学会シンポジウム スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス(SHD)2019
        にて、M2の佐々木香澄さんがフェロー賞を受賞しました。

 2019-10-17 第57回飛行機シンポジウムにてM2の桑田政英君が口頭発表を行い
        「学生優秀講演賞」を受賞しました。

 2019-10-01 下山研究室は「流動データ科学研究分野」として独立しました。
        下山研究室のウェブサイトはこちらです。

 2019-08-26 下記論文が受理されました。
         Application of observability Gramian to targeted observation
        in WRF data assimilation, R. Yoshimura, A. Yakeno,
         S. Obayashi and T. Misaka, Tellus A: Dynamic Meteorology &
         Oceanography.


 2019-08-28 下記論文が受理されました。
         Three-Dimensional Global Stability on Stuart Vortex of
        Free Shear Layer, Yakeno A. and Hirota M., Progress in Turbulence
         VIII.iTi 2018. Springer Proceedings in Physics, vol 226. Springer


 2019-04-03 第1クォーターで講義「数学I」を開講します。

 2019-03-25 The International Conference on Computational & Experimental
         Engineering and Science (ICCES)
にて,大林茂教授, 焼野藍子助教が
        招待講演を行いました。

 2019-03-20 日本航空宇宙学会北部支部2019年講演会ならびに第20回再使用型宇宙推進系
        シンポジウムにてM2の福地亮太君が口頭発表を行い「Good Presentation
         Award for Student」
を受賞しました。

 2018-12-06 第4クォーターで講義「流体設計情報学」を開講します。

 2018-10-30 日本機械学会関西支部 第358回講習会にて、大林茂教授が招待講演を行いまし
         た。

 2018-08-28  サイエンティフィック・システム研究会SSHPCフォーラム2018にて、大林茂
        教授が招待講演を行いました。

 2018-07-04 NTT DATA ENGINEERING SYSTEMS 社長インタビュー(「人とシステム」)
        に流体研が取り上げられました。

 2018-07-04 ホームページをリニューアルしました。

 2018-06-07 ものづくり企業に役立つ応用数理手法の研究会にて、大林茂教授が招待講演を
        行いました。

 2018-05-23 東北大学TFCのFusion Research Seminarにて,焼野藍子助教が招待講演を
        行いました。

 2018-05-22 日本地球惑星科学連合2018年大会にて、大林茂教授が招待講演を行いました。

 2018-03-12 Imperial College London, Department of Aeronauticsにて,
        焼野藍子助教が招待講演を行いました。

 2018-01-04 ハイライトを更新しました。

 2018-01-01 りゅーたん産みの親から研究室宛に年賀葉書が届きました。りゅーたん年賀

 2017-12-20 日本機械学会 流体工学部門企画講習会「工学とインフォマティクス〜最適化から
        ビックデータ活用まで〜」にて、大林茂教授が招待講演を行いました。

 2017-12-13  10回スーパーコンピューティング技術産業応用シンポジウムにて、大林茂教授
        が招待講演を行いました。

 2017-10-24  3 SJAC 講演会ー東北大学における航空工学研究−にて、大林茂教授が招待
        講演を行いました。

 2017-10-22 設計情報駆動研究会第2回研究会にて,焼野藍子助教が招待講演を行いました。

 2017-10-01 焼野 藍子 助教 が着任しました。

 2017-09-15 スペインで開催されたEUROGEN2017にて、大林茂教授が招待講演を行いまし
         た。

 2017-08-25 モノづくり日本会議「第13回新産業技術促進検討会」にて、大林茂教授が招待
        講演を行いました。

 2017-08-25 日本品質管理学会「第104回クオリティトーク」にて、大林茂教授が招待講演を
        行いました。

 2017-08-02  ダッソーシステムズ「Simulation Experience レクチャー」にて、大林茂教授
         が招待講演を行いました。

 2017-07-13 日工セミナー2017にて、大林茂教授が招待講演を行いました。

 2017-06-27 八戸工業高等専門学校特別講演会にて、大林茂教授が招待講演を行いました。

 2017-06-15 統計数理研究所オープンハウス連携イベント『データ科学がもたらす「ものづくり
        」革新 ― 創造的設計と製造 』にて、大林茂教授が招待講演を行いました。

 2017-04-22 シンギュラリティサロン「第18回公開講演会」にて、大林茂教授が招待講演を行
         いました。

 2017-04-20 東北大学 英語版HP
        Tohoku University Research Feature Highlights に
        "Aiming high: Shigeru Obayashi is innovating human flight"
        が掲載されました。

 2017-02-21 日経テクノロジーonlineに下記記事が掲載されました。
        ビッグデータ時代の設計手法
        多目的設計探査(MODE)の考え方 ―飛行機から家電まで―
        (記事全文閲覧には無料登録が必要です。)

▲ページトップに戻る