アクセスネットワークについて

流体研ネットワーク

 流体研ネットワークは、東北大学サイバーサイエンスセンターが運用する学内ネットワーク StarTAINS の下位ネットワークとして運用されています。StarTAINS は、2009年に運用開始された東北大学のバックボーンネットワークであり、高速なGbE(Gigabit Ethernet)のネットワークです。本研究所はいち早くこのGbEに対応するネットワークを構築しました。

 流体研ネットワークは、基幹マルチレイヤスイッチと10Gbpsのリング状のネットワークを中心とし、分散する建屋間は1~10Gbpsのバックボーンで接続されています。各部屋には1000Base-Tのネットワークが提供されており、ユーザーは各居室から高速でスーパーコンピュータ(スパコン)システムにアクセスすることができます。

スパコンアクセスネットワーク

 スーパーコンピュータシステムへの高速アクセスのために、本研究所1号館および2号館とスパコン棟を40Gbpsのネットワークで接続しています。このネットワークは流体研ネットワークの下位ネットワークとなっています。また、希望する研究室には、流体研ネットワークとは別に、研究室からスーパーコンピュータシステムに10Gbpsの速度で接続可能な配線を行っています。

計測融合専用ネットワーク

 実験計測と数値シミュレーションを融合する次世代融合研究を推進するため、40Gbpsの専用線により本研究所に既設の実験装置とスーパーコンピュータシステムを接続しています。

リモートアクセスVPN

 流体研リモートアクセスVPNは、流体研外(リモート)から他の組織のLANやプロバイダを経由してインターネットに接続しているPC等を、仮想的に流体研LANに接続させる仕組みであり、2003年4月より運用を行っています。これを用いることにより、リモートのPCは流体研内部のLANに接続されているものとして認識され、流体研プライベートアドレスのマシンとも通信が可能となり、メールサーバやWindowsファイル共有もPCが所内にあるときと同様に利用できるなど、大きな利便を得ることができます。

無線LAN

 流体研無線LANは、流体研内のほぼ全域で提供されている無線ネットワークです。 この無線LANは利用者毎にアカウントを配布し、利用者の所属するサブネットに接続されます。移動中にアクセスポイントが切り替わっても接続が切れないため、研究や会議、部屋の移動などを伴う場合でもシームレスに利用出来ます。