流友会 ご案内

 流友会は,東北大学流体科学研究所の同窓会です.
 主な事業内容は,
  1. 会員の近況調査(毎年5月頃)
  2. 総会,講演会,懇親会の開催(通常毎年10月)
  3. 会報の発行(毎年1月頃)
 です.今後も,会報を通じた情報交換の充実,卒業祝賀会への協賛等,会員の交流の場として活動を充実すべく準備を進めております.会員の皆様におかれましても,ご支援のほど宜しくお願い致します.
なお,会費を納入頂いております会員の皆様には, こちら から名簿をダウンロードすることができますので,ご活用いただければと思います.



令和3年度理事

○:常務理事 *:再選理事 新:新任理事
氏  名
勤 務 先
○ 新岡  嵩 (会  長) 東北大学 名誉教授
○ 丸田  薫 (名誉会長) 東北大学 流体科学研究所
  伊賀 由佳 東北大学 流体科学研究所
○ 猪岡  光 東北大学 名誉教授
  内一 哲哉 東北大学 流体科学研究所
○ 大林  茂 東北大学 流体科学研究所
○ 小原  拓 東北大学 流体科学研究所
○ 上條 謙二郎 東北大学 名誉教授
○ 神山 新一 東北大学 名誉教授
○ 小濱 泰昭 東北大学 名誉教授
  小宮 敦樹 東北大学 流体科学研究所
  佐宗 章弘 名古屋大学 大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
  白井  敦 近畿大学 工学部 ロボティクス学科
  杉山  弘 室蘭工業大学
○ 高木 敏行 東北大学 研究推進・支援機構 知の創出センター
  高奈 秀匡 東北大学 流体科学研究所
○ 高山 和喜 東北大学 名誉教授
  徳増  崇 東北大学 流体科学研究所
○ 南部 健一 東北大学 名誉教授
○ 西山 秀哉 大阪大学 接合科学研究所
○ 早瀬 敏幸 東北大学 学際科学フロンティア研究所
○ 圓山 重直 八戸工業高等専門学校
○ 山田  仁 (財)航空宇宙技術振興財団(JAST)
  米村  茂 宇部工業高等専門学校
  下山 幸治  (総務担当理事) 東北大学 流体科学研究所




これまでに発行された流友会会報

第33号(PDFファイル) 高解像度版
第32号(PDFファイル) 高解像度版
第31号(PDFファイル) 高解像度版
第30号(PDFファイル) 高解像度版
第29号(PDFファイル) 高解像度版
第28号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第27号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第26号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第25号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第24号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第23号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第22号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第21号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第20号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第19号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第18号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第17号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第16号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第15号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第14号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第13号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版
第12号(PDFファイル) 高解像度版 低解像度版




令和2年度事業報告

 令和2年度事業として、第32回総会,常務理事会,会報の発行等が行われました.

1. 第32回総会
 令和2年度の総会は、新型コロナウィルスCOVID19感染防止対策で研究所への立ち入りが制限されておりましたことを受けまして、初のメール審議(一部郵送)とさせていただきました。また、それに伴いまして、特別講演、懇親会も中止させて頂きました。

  審議期間:令和2年12月16日(水)〜23日(水)

2. 常務理事会
 常務理事会も、COVID19の影響により、メール審議で開催させて頂きました。

  審議期間:令和2年9月7日(月)〜11日(金)

3. 同窓会誌の発行
 流友会会報(第32号)を令和3年2月に発行しました。




令和元年度(平成31年度)事業報告

 令和元年度(平成31年度)事業として、第31回総会とその関連行事、会報の発行等が行われました.

1. 第31回総会
 令和元年9月30日(月) 17:30〜18:00流体科学研究所2号館5階大講義室で,出席者22名のもとに開催されました.ここ数年は,卒業生の皆様が仙台に集まりやすいようにということで,萩友会のホームカミングデーと合わせて開催しております.

 総会次第
 ( 1) 開会宣言            (大林名誉会長)
 ( 2) 会長挨拶            (神山会長)
 ( 3) 役員の改選           (神山会長)
    ・13名の理事が再任されました.
     (敬称略:井小萩,猪岡,内一,小原,神山,小濱,小宮,佐宗,杉山,高奈,南部,丸田,圓山)
 ( 4) 平成30年度事業報告       (伊賀理事)
 ( 5) 平成30年度決算報告       (伊賀理事)
 ( 6) 令和元年度事業計画       (伊賀理事)
    ・常務理事会
    ・総会とその関連行事(講演会,懇親会)
    ・会報第31号の発行
 ( 7) 令和元年度予算         (伊賀理事)
 ( 8) その他             (神山会長)
 ( 9) 閉会宣言            (大林名誉会長)

2. 総会関連行事
 令和元年9月30日(月) ,第31回総会に引き続き,特別講演会および懇親会が開催されました.

 特別講演会18:00〜18:50
    講 師: 小林 秀昭 先生(東北大学流体科学研究所)
    演 題:「エネルギーキャリアとしてのアンモニアの利用と燃焼科学」

  懇親会 19:00-21:00

3. 常務理事会
 令和元年7月25 日(木),11:30より,東北大学流体科学研究所1号館2階会議室にて開催されました.

4. 同窓会誌の発行
 流友会会報(第31号)を令和2年2月に発行しました.




平成30年度 事業報告

 平成30年度事業として,第30回総会とその関連行事,会報の発行等が行われました.

1. 第30回総会
 平成30年10月5日(金)12:30−13:00,流体科学研究所2号館5階大講義室で,出席者27名のもとに開催されました.以上は流体科学研究所創立75周年記念行事と同日に開催されました.

 総会次第
 ( 1) 開会宣言            (大林名誉会長)
 ( 2) 会長挨拶            (神山会長)
 ( 3) 役員の改選           (神山会長)
    ・11名の理事が再任されました.
     (敬称略:大林、上條、高木、高山、新岡、西山、早瀬、山田、米村、徳増、白井)
 ( 4) 平成29年度事業報告       (高奈理事)
 ( 5) 平成29年度決算報告       (高奈理事)
 ( 6) 平成30年度事業計画       (高奈理事)
    ・常務理事会
    ・総会とその関連行事(講演会,懇親会)
    ・会報第30号の発行
 ( 7) 平成30年度予算         (高奈理事)
 ( 8) その他             (神山会長)
 ( 9) 閉会宣言            (大林名誉会長)

2. 総会関連行事
 平成30年10月5日(金),第30回総会に引き続き,流体科学研究所創立75周年記念行事が行われました.

 (1) 記念式典 14:00-14:30
    会場:東北大学片平さくらホール
 (2) 記念講演 14:30-15:30
    会場:東北大学片平さくらホール
    講師:藤井 孝藏 先生(宇宙航空研究開発機構名誉教授,東京理科大学教授)
    演題:流体力学研究におけるCFDの貢献を考える
 (3) 見学会 15:30-17:00
    会場:低乱風洞実験施、衝撃波関連施設、新スーパーコンピュータシステム、沼知文庫
 (4) 祝賀会 17:00-19:00
    会場:東北大学片平さくらホール

3. 常務理事会
 平成30年7月30日(月)、東北大学流体科学研究所1号館2階会議室で開催されました.

4. 同窓会誌の発行
 流友会会報(第30号)を平成31年2月に発行しました.




平成29年度 事業報告

 平成29年度事業として,第29回総会とその関連行事,会報の発行等が行われましたのでご報告いたします.

1. 第29回総会
 平成29年9月28日(木)17:30−18:00,流体科学研究所2号館5階大講義室で出席者15名のもとに開催されました. 以上は東北大学卒業生が集う東北大学110周年ホームカミングデーを考慮して9月下旬に開催されました.

 総会次第
 ( 1) 開会宣言            (大林名誉会長)
 ( 2) 新会長挨拶           (神山会長)
 ( 3) 役員の改選           (神山会長)
    ・12名の理事が再任されました.
     (敬称略:井小萩,猪岡,内一,大竹,小原,上條,小濱,佐宗,南部,丸田,圓山,小宮)
 ( 4) 平成28年度事業報告       (高奈理事)
 ( 5) 平成28年度決算報告       (高奈理事)
 ( 6) 平成29年度事業計画       (高奈理事)
    ・常務理事会
    ・総会とその関連行事(講演会,懇親会)
    ・会報第29号の発行
 ( 7) 平成29年度予算         (高奈理事)
 ( 8) 会員名簿の作成について     (高奈理事)
 ( 9) その他             (神山会長)
 (10) 閉会宣言            (大林名誉会長)

2. 総会関連行事
 平成29年10月28日(金),第29回総会に引き続き,30名の参加を得て,以下の催しが行われました.

 (1) 講演会
    講演者  木村 芳孝 先生
          (東北大学医学部医学系研究科)
    演 題  「産婦人科医の独り言,数学科出が見た医学部の打ち明け話」
    会 場  流体研2号館5階 大講義室
    時 間  18:00-19:00
 (2) 懇親会
    会 場  流体研2号館5階 大講義室
    時 間  19:10-21:00

3. 常務理事会
 平成29年7月31日(月),東北大学流体科学研究所1号館2階会議室で開催されました.

4. 同窓会誌の発行
 流友会会報(第29号)を平成30年1月に発行しました.




宮城萩友会の発足(平成 30 年 9 月)について

 宮城萩友会は,平成 30 年 9 月 29 日(土)の東北大学 111 周年ホームカミングデーにおいて,正式発足の報告を行ないました.
 前年の 110 周年ホームカミングデーで設立宣言を行ない,このたび正式に発足したものです.改めて,多くの皆様のご支援とご協力に,心より感謝申し上げます. 宮城県にはこれまで全学的な同窓会がありませんでしたが,今回の設立を機に,東北大学のお膝元の同窓会組織として,物理的にも心理的にも母校に密接した同窓会拠点として,学部や世代を超えて親睦を深め,公私にわたり交流を図れる仕組みづくりを目的として活動するものです.仙台・宮城の復興・振興と社会・文化の発展に貢献し,これにより東北大学のより一層の発展に貢献できるよう努めてまいります.本会の運営体制は,発起人会の各委員が所属していた 7 団体(東北電力,七十七銀行,宮城県,仙台市,ソニー,トーキン,仙台地区経和会)を基礎にしながら,今後,本会の活動趣旨に賛同いただける県内の企業・団体等にもご参画いただき,少しずつではありますが,組織化と体制強化を進めていく予定です.とくに,東北大学萩友会の基礎同窓会である10学部および研究所同窓会(文・教・法・経・理・医・歯・薬・工・農および金研・流体研・加齢研・多元研の部局別同窓会)とは,学部や組織の垣根を超え,横断的な連携を行なっていくことにより,各同窓会の活性化に寄与するとともに,本会及び東北大学のより一層の発展に繋がるものと考えております.
 今後は主として,毎年秋に開催される東北大学ホームカミングデーのホスト役として,東北大学ならびに東北大学萩友会とともに,母校を訪れる同窓生に対しては,主催者の一員としての役割を積極的に行ない,一般市民の方々に対しては東北大学をより身近に感じていただけるようホスピタリティをもって接し,母校の発展にとどまらず,この宮城を盛り上げていきたいと考えております. 皆様の深いご理解と温かいご支援を賜りますよう,どうぞよろしくお願い申し上げます.

(宮城萩友会会長 熊谷 満 記)







流友会に関するお問い合わせ先

事業については:
  総務幹事 下山 幸治
  〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
  東北大学流体科学研究所
  TEL: 022-217-5267
  FAX: 022-217-5267
  e-mail: shimoyama(at)tohoku.ac.jp  ※(at)を@に代えてください

会員情報・会費などについては:
  流体科学研究所 研究支援室
  〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
  東北大学流体科学研究所 研究支援室
  TEL: 022-217-5312
  FAX: 022-217-5312
  e-mail: ifs-ryuyukai(at)grp.tohoku.ac.jp ※(at)を@に代えてください
  

流体研トップページへ